Apple WatchのSuicaがエラーのまま復旧しなくなった場合の対処法

Apple WatchのSuicaへのチャージに失敗してしまい、延々とエラーのままで復旧できないやつです。
Apple WatchのSuicaを数年使ってきましたがこのトラブルは2回目ですね。
次回同じトラブルが起きた時のための備忘録と、同様のトラブルで困っている方のために記事を残しておきたいと思います。

自分の環境

ハード環境は下記の通りです

  • iPhone 7 plus
  • Apple Watch Series2

Suicaは定期用と、Watch用に2枚のSuicaを使っています。

  • 定期用Suica(定期専用としてiPhoneで使うSuica。iPhoneのエクスプレスカードに設定済。)
  • Apple Watch用Suica(決済用としてApple Watchで使うSuica。Watchに転送してありエクスプレスカードに設定済。チャージはiPhoneから。)

元々は定期用のSuicaをWatchに転送して1枚で済ませていたのですが、Watchで改札を通る際にちょくちょくエラーが起きてしまう事と(服の袖なんかが入り込んでしまってロックされてしまう件です)、前回のトラブルの際に平日定期が使えないという事態になった事もあったので、現在は定期用(iPhone)と決済用(Watch)で分けています。
定期用のSuicaが使えなくなると無駄な切符代が発生したりして困るので、こうするのが良いかなと思っています。

エラーの状況

自分はiPhoneのアプリからWatchのSuicaにチャージをしているのですが、電波状況が悪かったりするとエラーが発生してしまい正常にチャージできない場合があります。
大抵の場合は復旧操作をすると復旧するのですが、極稀に何度復旧しても解消できない場合があります。

エラー解消の方法

何度やっても駄目な場合は、Watchを再ペアリングしましょう。
ただし、再ペアリングの前に、WatchにあるSuicaをiPhoneに転送または削除しておく必要があります。
詳細はAppleの公式サイトに記載があります。

もし転送が可能であれば転送で済ませたいのですが(削除した場合は翌日までSuicaの追加ができなくなるため)、今回の場合は転送しようとしてもエラーが表示されてしまい転送出来なかったので削除しました。
削除・転送はiPhoneのWatchアプリから実行します。

転送または削除が完了したらWatchのペアリング解除をして、再度Watchをペアリングし直します。
Suicaを削除した場合は、翌日以降に再度iPhoneのSuicaアプリから「カード取り込み」でSuicaを選択すると削除したSuicaが戻ってきます。

Suicaが戻ってきたら、再度Watchに転送して完了です。
おそらく問題なく使用できるようになっているのではないでしょうか。

コメントを残す