Campfire Audio DORADO 2020を買いました

先月Campfire Audio DORADO 2020を買いました。
Campfire Audioのイヤホンを買うのは初めてです。
Campfire AudioというとAndromedaやSolarisが人気だと思うのですが、憧れもあっていつか手にとってみたいと思っていました。

今回DORADOを買ったのは、1DD(またはそれに近いシンプルな構成)でバランスの良いイヤホンが欲しいと思っていたからです。
お店でVEGA 2020と聴き比べた結果、DORADO 2020を購入しました。
DORADOは1DD+1BA構成のイヤホンなのですが、DDらしいしっかりした低域に加えて、中高域の繊細さと美しさが素晴らしく、一聴して即決しました。

それから約一ヶ月間聴き続けているのですが、改めてレビュー記事を書いてみたいと思います。

再生環境

  • DAP:SONY NW-WM1Z(ノーマルゲイン)
  • ALO audio Smoky Litz Cable MMCX-4.4mm

DAPは以前と変わらずWM1Zを使っています。
Campfire Audioのイヤホンは、ものによってはDAPとの相性問題がありノイズが発生する事があるらしいのですが(eイヤホンの売り場POPにも注意書きがありました)、WM1Zではそのようなノイズはありませんでした。
iPhone6直差しだと演奏が始まってしまえば気にならない程度でしたが、若干のホワイトノイズが入るようでした。
購入を検討されている方は、可能であれば事前に手持ちのDAPで試聴をされた方が良さそうですね。

音の特徴

力強い低域

低域は広さと深さとボリュームがあり、楽曲全体をしっかりと底から支えている感じです。
楽曲によってはちょっと低域が強すぎるかなと思うこともありますが、中高域やボーカルを潰したりする事も無く、うまく調整されているようです。

バランスの良い中高域

中高域はクリアな鳴り方ですが、決して刺さるような音ではなく聴きやすく、バランスの取れた綺麗な鳴り方だと思います。
音の粒立ちがよく、クリアな中にも音の芯がありとても心地よく聞こえます。
そして、特に高域は適度な華やかさがあり刺激的ですが、刺激的な中にもふわっと鳴るような繊細さがあり、とても綺麗に聞こえます。
以前に店頭で試聴したことのあるAndromeda程ではないのですが似たような雰囲気を感じました。

驚異的な分離度

手持ちの他のイヤホンとの比較になってしまうのですが、このイヤホンは分離度が圧倒的に高いようです。
他のイヤホンだとギターとシンバルとボーカルが混ざったようになってしまう楽曲でも、しっかりと鳴らしてくれます。
手持ちのハイエンドイヤホンはValkyrieとFender TEN5しか無いのですが、この2本では綺麗に鳴らせなかったので、この音源はそういうものだろうと思っていたのですが、DORADOで聞いてみるときちんと分離して聞こえるので驚いています。(多少混ざり気味な気配はあるのですが、上の方が渋滞しているように感じていた感覚が無いので、十分な分離だと感じています)
一体どういう仕組みになっているのでしょうか・・・・

まとめ

簡単なレビューでしたが、非常にバランスが良くどんな楽曲でもオールマイティに楽しめるイヤホンなのではないでしょうか。
特に中高域の綺麗な鳴り方は特筆モノだと思います。
また、他の多ドラのハイエンドイヤホンと比べると値段も少しだけ安目にはなるので(とは言っても高いですが・・・)、メインで使用するイヤホンとし良いのではないかと思いました。
もし機会があれば試聴してみると面白いかもしれません。

コメントを残す