Razer Lancehead Tournament Edition を買いました

半月前くらいになりますが仕事用にレイザーのマウスを買いました。
もう長いことロジクールのG3レーザーマウスを使っていたのですが、そろそろ新しいマウスを試してみたいと思ってRazer Lancehead Tournament Editionを買ってみました。

事前に多少調べてはいたのですが、やはり現物を見ないと判断出来ないので、仕事帰りに秋葉原のツクモの地下にあるRAZERZONEへ行ってみました。
全商品が並んでいるわけではないのですが、レイザーのマウスがこれだけ並べてあるところは他には無いのではないでしょうか。
お店で現物を触ってグリップ感や操作性を試して選びました。
マウスパッドは前からRAZER SPHEXを使っているので、これでマウス廻り一式レイザーで揃いました。

RAZER LANCEHEAD TOURNAMENT EDITIONのスペック

自分が購入したのは有線タイプの方です。以下公式サイトより引用します。

  • 高精度 16,000 DPI 5G オプティカルセンサー
  • 対スピード性能 450 インチ / 秒、加速度50G
  • On-The-Fly 感度調整
  • Razer™ メカニカルマウススイッチ
  • ゲーミンググレードのタクタイルスクロールホイール
  • 左右対称デザインとラバー製サイドグリップ
  • カスタマイズ可能な1680万色のトゥルーカラーオプションを備えた Razer Chroma™ ライティング
  • デバイス間での色同期
  • 個々に設定可能な 9 つの Hyperesponse ボタン
  • 1000 Hz Ultrapolling
  • Razer Synapse 3 対応 (Beta) 近日対応予定
  • 2.1 m の 編組ファイバーケーブル
  • サイズ:117 mm (長さ) x 71 mm (幅) x 38 mm (高さ)
  • 重量: :104 g ( ケーブルを除く )

使ってみた感想

やや大きめサイズのマウスですが、自分の手にはしっくり馴染んで扱いやすいです。今まで使っていたG3レーザーより一回り大きい感じ。
トラッキングはさすがゲーミングマウスだけあってスムースで正確です。
ホイールの回転も硬すぎず柔らかすぎず、回転音もやかましくなく丁度よく感じました。

一点だけ気になったのは右クリックの感度の良さですね。
マウスの右半分の大部分が押せるようなデザインになっているので、マウスを動かしている時に手の重みで右クリックしてしまうんですよね。

しばらく使っているうちに慣れてきたので誤って右クリックすることはほとんどなくなりましたが、もうちょっと右クリックが硬いか押しにくいデザインの方が良かったかなと思ってます。ちょっとチェック不足でしたね。
同じレイザーのマウスですもクリック感度が調整可能なMambaか、ボタンが分割デザインになっているBasiliskだと右クリックが気にならなかったのかもしれませんね。

それ以外はしっくり来ているしとてもいいマウスだと思います。
また右クリックが気になってくるようだったら、他のマウスを探してみたいと思います。

コメントを残す