AKG K701

少し前の話ですが、家のヘッドフォンを買い換えました。
今まで家のヘッドフォンはオーテクのATH-PRO5というDJ用ヘッドフォンみたいなものでした。これはこれで悪くはないと思いますし、非常に低音の効いた良い音がします。比較的リーズナブルなのでコストパフォーマンスの高い機種なのではないでしょうか。
しかしこの機種はイヤーパッドがかなり浅いため長時間のリスニングとなると耳たぶに当たっている箇所があって、耳たぶがかなり痛くなるという問題がありました。
最近では家で仕事をしながら長時間ヘッドフォンをつけっぱなしの事が増えたので、これは何とかしなくてはなと思っていたのですが、ATH-PRO5は楽器の練習用もしくはゲーム用に置いておくことにしてリスニング用に新しいヘッドフォンを買う事にしました。

実は少し前にポータブル用にと思ってAKG K321というカナル型のイヤフォンを買ったのですが、AKGのサウンドが思いのほか気に入ってしまって、家用のヘッドフォンもAKGのヘッドフォンを買おうかなと考えていました。

早速お店へ足を運んで色々と試聴してみたのですが、K272、K242、K530と比べてK701の音質は非常に優れているように感じました。あとはK601という製品があり非常に迷ったのですが、今回はK701を通販で購入しました。

AKG K701


パッケージは高級感のある黒のパッケージで、扉式で開くようになっていました。
※K321のパッケージも同様でした

パッケージを開けて行くと、Expect → and discover → Perfection というキーワードが順番に現れて来てとても期待感を煽られますw

 

AKG K701 01

 

AKG K701 02 AKG K701 03

 

これヨドバシやソフマップなんかの国内正規代理店経由のお店で買うと8万とかしてしまって、なかなか手がでないのですが、サウンドハウスの並行輸入品だと半額以下の金額になるので随分購入しやすいです。どこから輸入しているのかは知らないのですが、こんなに内外価格差があるものなんですね。ただ、保証期間が異なってくるのでその点だけは注意が必要ですかね。

※並行輸入品を名乗ったパチもんも結構出回っているらしいので、オークションなんかで買う場合やいかがわしいショップ通販は注意が必要だと思います。折角買うのに見た目だけ・・・では悲しいですもんね。

肝心のレビューですが、概ねあちこちのレビュー通りで非常に上質な音を鳴らしてくれるヘッドフォンです。
とてもクリアーで、解像度が高く、非常に広がりのあるサウンドが特徴。音もローからハイまで非常に綺麗に鳴ってい
る、音の分離度がすごいというのが第一感でした。
が、私は個人的にはとてもハイが出ているように感じました。ハイハットの音やシンバル、スネアのリムショットがとても気持ちいいです。女性ボーカルの楽曲もとても気持ちいいです。繊細な楽曲を聴くとその違いに驚きます。それととても自然で優しい音なので長時間聴いていても耳が疲れてしまうことがないです。そもそも所有しいたモデルがATH-PRO5なので・・・という事もあるでしょうが。

各所のレビューではヘッドバンドが痛くなるという話も出ていたのですが、私の場合はそういう事はなくて長時間のリスニングでも全く問題ありませんでした。イヤーパッドも深めなので耳に当たることが無く快適ですね。
注意点はオープンタイプなので非常に音漏れが激しい事でしょうか。室内に居る人には何を聴いているか判るくらい音が漏れている感じなので、夜間に爆音で聴いていると近所から苦情がくるかもしれません。

参考までにうちの環境では
Realtek オンボードサウンドチップ → オーテクAT-HA20 → K701
という接続になっています。

とにかく感動を与えてくれるヘッドフォンでしたので記事にしました。ゴリゴリのロックではなく、少し前に記事に書いた DJ OKAWARI “mirror” をこのヘッドフォンで聴くととっても感動しました。今まではうちのPCに音楽ファイルをimportする時にはMP3だったのですが、Appleロスレスでimportしたくなりました。

日本の住宅事情ではスピーカーで大きな音を鳴らすことが難しいですし、良いスピーカーは非常に高額です。こういうヘッドフォンで良い音を楽しめることは非常に嬉しいことですね。

コメントを残す